プロピアのプログノ126EXシャンプーを使った口コミ

プロピアのプログノ126EXシャンプーを使った口コミ

プロピア(propia)のプログノ126EXシャンプーを使ってみて、以下の事がわかりました。

 

・泡立ちは問題なし・洗浄力は頭皮に優しくちょうどいい・頭皮への刺激はなし・洗い上がりも抜群・頭皮ケアのための成分が25種類も配合されているこの文章を読めば、プログノ126EXシャンプーが自らの頭皮に合うかどうか理解いただけます。

 

プログノ126EXシャンプーの公式Webページを見る目次プログノ126EXシャンプーを買ってみた!プログノ126EXシャンプーの使用報告書プログノ126EXシャンプーの泡立ち具合プログノ126EXシャンプーの洗浄力プログノ126EXシャンプーの頭皮への刺激プログノ126EXシャンプーの洗い上がりプログノ126EXシャンプーの成分プログノ126EXシャンプーの育毛影響プログノ126EXシャンプーを買ってみた!プログノ126EXシャンプーが届いた段ボールプログノ126EXシャンプーが届きました!ワレモノ表示や、無地の段ボールなので、中にシャンプーが入っている事がバレないので、世帯に内緒で買いたい人でも心配無用です。

 

プログノ126EXシャンプーの箱を開けた中身プログノ126EXシャンプーの箱を開けてみました。

 

よくある広告類のパンフレットはおおかたないのです。

 

プログノ126EXシャンプーのアイテム解説パンフレットプログノ126EXシャンプーについて解説されているパンフレットです。

 

プログノ126EX添加とプログノ1360のサンプルプログノ126EX添加とプログノ1360の見本まで入ってました!プログノ126EXシャンプーのフタを開けているプログノ126EXシャンプーのフタを開けているイメージです。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの使用報告書プログノ126EXシャンプーの容れ物表面薄毛対策に翻弄する30歳(男性)が育毛の為、プログノ126EXシャンプーを使用し実体験をもとに公式ホームページなどをポイントにしながら皆様に製品ポイントと状況報告をしていきたいと考えます。

 

私は20代中ごろから前額部を中心に徐々に薄毛が進行しスタート出来、この前ついに30歳を迎えて、年齢とともに衰退しやすいこの頭髪状況にものすごく心もとないを感じている様子です。

 

直近では育毛剤を使用しながら、若々しい髪型に戻れる事を見込みし毎日育毛に奮闘して次第であります。

 

そのような薄毛の私ですが、かれこれ長い間育毛をはじめていると薄毛改善を目指すなら定期的の頭皮ケアを怠ってはどんなに育毛剤を使用しても望み通りの影響は発揮できないと解釈する事でできました。

 

なので普段的に行う事ができ、かつめんどうな手間もかからない育毛シャンプーを応用する事で毎日の頭皮ケアの改善に力を入れております。

 

そんな訳で今度実践するにあたりピックアップさせていただいたアイテムはプロピアからリリースされているプログノ126EXシャンプーです。

 

洗浄の主成分はアミノ酸としていますが、保湿成分プロテイン(タンパク質)配合のシャンプーとの事なので現在まで使用してきた育毛シャンプーとどんな差異があり、頭皮改善に及ぼす成果がいかほど望み可能なのか早いところ実践して皆様に報告していきたいと考えます。

 

プログノ126EXシャンプーの泡立ち具合シャンプーをするうえで、最初に気に掛かるのが泡立ちかと考えます。

 

一概によく泡立つのがいいシャンプーとは限りませんが、あまり泡立ちが弱すぎると洗いづらいものですよね。

 

プログノ126EXシャンプーを1プッシュ手の平に出してみたこのシャンプーも洗浄の主成分はアミノ酸系ですので洗浄力が弱く泡立ちにくいのではと懸念しておりましたが実のところ、シャンプーを1プッシュ手にとり両手で泡だてみましたが一般的のシャンプーのように泡立ちは問題なく泡もキメ細かいのでシャンプーをしにくいと感じる事はないのですでした。

 

プログノ126EXシャンプーを泡立ててみたなので育毛シャンプーは泡立ちにくいという懸念事項はまったく気にせず使用する事ができるになっております。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの洗浄力プログノ126EXシャンプーを髪につけ泡立てているシャンプーとは洗浄力が強すぎても頭皮に必須な皮脂もすべて落してしまうため、程よくに汚れを落とせているかが不安になりますね。

 

アミノ酸系シャンプーは頭皮に不可欠ない皮脂は落とし不可欠な皮脂は落とさないという洗浄働きを持ち合わせておりそれにより、石油系や石鹸系シャンプーのような強すぎる洗浄力はないので若干洗い足りないと感じる方もいると考えますが実のところは不可欠な皮脂だけを残しており、頭皮へやさしくシャンプーするにあたっては最適の洗浄力であると言えるのです。

 

検証してみると頭皮の汚れは一回の洗髪で問題なく落とせているので洗浄力が弱すぎるといった悩ましいはないのですでした。

 

これはアミノ酸系洗浄成分であり、弱酸性で肌のバリア性能を崩さず、不可欠な潤いを残しながらマイルドに洗うこうとが可能なココイルグルタミン酸TEA(洗浄成分)が配合されているためでしょう。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの頭皮への刺激シャンプーによっては頭皮がヒリヒリしたりと刺激が強すぎるものもあります。

 

私本人、皮膚が弱いほうで刺激が強いと痒みや発赤などの症状がでやすい体質ですが洗髪時や洗髪後に頭皮がヒリヒリしたり、赤くなるなどの刺激はまったくないのですでした。

 

定期的行うシャンプーで毎度不快感を覚える事とあっては相当なストレスになってしまうので、このような低刺激のタイプは私のような方には最適だと考えます。

 

これはなぜかと言いますと頭皮と同じph値(5.3?6.3)の弱酸性なので非常に頭皮に優しい使用になっているからです。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの洗い上がり一般的なシャンプーは洗い上がりでは、よく髪がきしむなどありトリートメントやコンディショナーを使用している方も多々あると考えます。

 

洗髪後の状況はと言いますと手で髪を触ってもきしみやごわごわ感はいっさい感じる事はないのですでした。

 

正直、一般のシャンプーだと少々はトリートメントやコンディショナーを並存しないとこの洗い上がりにはならないと考えます。

 

これはこのアイテムのマックスのもち味でもあり、髪の主成分であるプロテインをシャンプーに贅沢配合し「プロテインで洗う」事で栄養成分を髪に定着させるという新発想こそが健やかな洗い上がりを実現していると思われます。

 

公式ホームページによると髪の主成分はケラチンというプロテインで形成されておりこのプロテインは、体内に貯めておく事ができないとの事です。

 

それ故定期的のシャンプーなどで、傷んだキューティクルから髪の主成分であるプロテインが流れ出しダメージケアのきっかけや、頭皮の活性も弱めるきっかけとなってしまうのです。

 

そんな訳で、髪を構成しているものと同じ成分で洗い栄養成分を補給すれば、髪と頭皮に優しく、よりダイレクトに届くのではないかという発想からプロテインの成分を極限まで追求。

 

高濃度配合にトコトンまで譲歩しないたプロテインシャンプーだからこそこの結果を出せたのでしょう。

 

そのほかにパラグアイ原産、無農薬栽培のハーブ≪ステビア≫(キク科多年草)を独自の発酵法により生産・精製したステビア発酵エキスが配合されておりコンディショニング成分を含んでのでトリートメントやコンディショナーを使用せずとも光沢や滑らかな指通りが十分得られる事。

 

加えて、皮膚の表皮細胞に影響するリン脂質の一種で細胞膜を正常に保ち透過性を維持する役割を持つナノ化スフィンゴミエリンも配合されており、セラミド(細胞間脂質)生成を促進し、保湿力の向上、ターンオーバーを正常にして頭皮を健やかに整え毛髪のキューティクルを強化し、合わせてハリ・コシを与える成果も健やかな洗い上がりに貢献していると思われます。

 

シャンプー1本でこの洗い上がりを実現してくれるとは不必要な浪費も抑えられて、洗髪後の手間も短縮可能なので個人的にはリーズナブル間満載のシャンプーなので大得心です。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの成分公式ページやインターネットをポイントにチェックした配合成分表に記載のある25種類の中身についてご解説いたします。

 

・水・ココイルグルタミン酸TEA           :アミノ酸系洗浄成分。

 

毛髪のコンディションを良くする。

 

・(C12C13)パレス-3硫酸Na          :洗浄力・脱脂力が強く泡立ちの良い界面活性剤。

 

・ラウリルベタイン          :とても低刺激で泡立ちもよくマイルドな出来上がり洗浄成分。

 

両性界面活性剤。

 

・グリセリン                 :保湿剤・潤滑剤。

 

・ラウラミドDEA                :皮膚に反対にの刺激の緩和。

 

泡の安定性向上など・ジステアリン酸グリコール          :乳化を安定させたり、増粘させるための補助成分。

 

・ジメチコンコポリオール         :シリコン乳化剤。

 

水溶性シリコーンオイルの一種。

 

光沢出し等のコンディショニング目的で配合される。

 

   ・ジステアリン酸PEG-150:乳化安定剤。

 

増粘剤。

 

・ココアミンオキシド             :洗浄剤、ヘアコンディショニング剤、起泡剤、合成界面活性剤、・ポリクオタニウム-10             :毛髪、皮膚に吸着しコンディショニング成果を出す。

 

・ポリクオタニウム-47             :ヘア整髪剤、皮膚コンディショニング剤・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン :じゃがいもなどのデンプンからつくられる、陽イオン界面活性剤。

 

★朝の整髪が煩わしいだな…と言う方は程よくに濡らした髪に適量を付ければ無作為な濡れヘアを作成しよう事が出来ます。

 

帯電防止、乳化安定。

 

・卵黄油                   :血行改善・加水分解コラーゲン             :毛髪への修復、保持影響。

 

・BG                      :保湿・抗菌作用・オクタン酸セチル              :エモリエント剤、感触すり合わせ剤・トコフェロール               :抗酸化作用・アラントイン                :組織修復賦活作用、肌荒れ改善。

 

・クエン酸                  :抗酸化作用・メチルパラベン               :防腐剤成分・ステビア発酵エキス             :コンディショニング成分・スフィンゴミエリン             :保湿影響。

 

毛髪のキューティクル強化・ポリアミノプロピルビグアニド        :防腐剤成分・香料                    公式ホームページにはタンパク質が主成分であるがゆえにかなりデリケートな特性を持っており、必須最低限の防腐剤しか使用していないためできるだけ新鮮な「生」の様子でお発送やりたいという想いから、シャンプーとしては珍しい「使用期限」を設定しているとあります。

 

開封後は2ヶ月以内の使用をお薦めしておりシャンプーというより何となく食品の解説のように思え意外でしたが、解説分を見ていると関心をそそられましたね。

 

ただ、やはりに1本利用しきるのに2ヶ月も必要になる事はないと考えますので特に気にする不可欠はないでしょう。

 

あと、調査してみて思ったのですが育毛シャンプーにしては滅多に、天然成分の配合がかなり少ないです。

 

これが良いのかは決断が手を焼くところですが頭皮への低刺激、保湿成果、毛髪のコンディショニングなどの配慮はされていますので個人的には効能面では問題ないと感じております。

 

ただ、ノンシリコンではないためそのあたりにこだわりのある方は購買前にご本人で熟慮したほうがいいと思われます。

 

▲目次に戻るプログノ126EXシャンプーの育毛影響成分を見る限りでは育毛や発毛に見込み可能なものは正直配合されていないため、このシャンプーだけではやはりに育毛は無理でしょう。

 

けれども、育毛には欠かせない頭皮環境を整える保湿成果や血行改善成果も望み可能なので、シャンプー単体での育毛は叶わずとも育毛剤を並存する事で育毛影響を高める手助けにはなってくれると思われます。

 

あとこのシャンプーは毛髪のコンディショニング成果が高くヘアーにハリやコシを与えてくれるので毛髪量が変わらなくともスタイルのボリューム膨れ上がるには少々見込み可能なのかなと考えます。

 

長い間なりましたがプログノ126EXシャンプーの実践報告は以上となります。

 

個人的には値段も3078円で育毛シャンプーとしてはお手ごろな値段でありコンディショナーやトリートメントが要らないで手間いらずと、コストパフォーマンスは高く評価可能なので相当の一流アイテムだと考えます。

 

育毛は頭皮環境を正常な状況で維持してこそ育毛剤も影響を十分発揮可能なので毎日の頭皮ケアを継続する事が価値があるです。

 

けれども、それにはお金も時も手間もかかってしまうので低値段でコストパフォーマンスにも優れており正常な頭皮環境を楽々に理不尽なく手に入れたいと悩んでいる方がおりましたら一度プログノ126EXシャンプーの使用を見定めしてみてはどうでしょうか?▲目次に戻る。

 

トップへ戻る